ディーゼルが性的少数者アート展を支援 記念のコレクションも発表

2022/06/09 11:00 更新


Medium %e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%97%e3%82%bb%e3%83%ab
性的少数者のアートに着想したコレクション

 イタリアのカジュアルウェア・ライフスタイルブランド「ディーゼル」は、トム・オブ・フィンランド財団とパートナーシップを結び、同ブランドの協賛でベネチアとパリで、LGBTQ+(性的少数者)アーティストの作品をテーマにした展覧会を開いている。展覧会を記念したコレクション「プライド2022カプセルコレクション」も発表し、協業アイテムを販売している。

【関連記事】ディーゼルが「ディーゼルスタジオ」を開始 ダンサー、eスポーツ選手と協業

 トム・オブ・フィンランド財団は、30年以上前からLGBTQ+アートの収集をしている。この取り組みに賛同したディーゼルがパートナーシップを結び、展覧会の開催に至った。70人以上のアーティスト作品を集めており、アーティストが人生で直面してきた差別などのストーリーに焦点を当てている。

 カプセルコレクションでは、同財団が収蔵するエロティックな作品に着想を得て、スウェット、ジーンズ、キャミソール、靴下などを企画した。税込み4400~4万700円。公式ECで販売しており、6月上旬からはディーゼルの直営店でも販売する。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop