コラム

《めてみみ》企業も個人も国も

2021/10/19NEW!

 「世界中のお客様に良い商品を提供しようとしている多くの企業に対して政治的な選択を迫るような風潮には強い疑問を感じている」。決算会見でのファーストリテイリングの柳井正会長兼社長の発言だ。 H&Mが新疆綿を使...

もっとみる


《視点》一着の服から

NEW!2021/10/19

 環境問題への危機感から、「サステイナブル(持続可能)な物作り」が浸透しているが、企業や個人によってその定義はばらばらであいまいだ。関心や真剣さも異なり、便利に使われていることも多々ある。取材時や記事を執筆する際は...



《めてみみ》プロの力

2021/10/18

 緊急事態宣言が解除され、慌ててスーツを購入するビジネスマンが目立ったと言われる。コロナ下のテレワークの浸透などでスーツ離れに拍車がかかっていた紳士服業界にとっては、以前ほどには戻らないかもしれないが、明るい兆しが...



《めてみみ》気温に負けない

2021/10/15

 「ウールコートの先行受注会での反応が鈍い」とあるレディス専門店で聞いた。例年、実需期には品切れも多い人気商品を出しており、かなりの確率で受注できると思っていたようだ。「まだ決めない」と言われたという。気温が高い日...



《視点》処分と向き合う

2021/10/15

 「いらなくなった古着を途上国に送る。その〝善意〟が現地の産業を破壊してきた」とは、フリーランス国際協力師を名乗る原貫太さんという方のツイートだ。先進国からウガンダに届いた古着の山の写真を添え、「かつては繊維産業が...



《めてみみ》変化を捉える

2021/10/14

 商業施設の売り上げが回復している。首都圏の主な駅ビル・ファッションビルの9月の売上高は大半が前年同月比4~5%減にとどまった。前年実績を超えた施設もある。 9月中旬からの新型コロナウイルス感染者の大幅な減少と同時...



《視点》ホワイト市場

2021/10/14

 この2年ほどフェムテックの取材を続けてきた。フェムテックと言えば、生理、出産、更年期への対応が主な課題だが、女性の生理現象については何度も説明を受けて大分、理解できるようになった。 取材で率直に思うのはフェムテッ...



《めてみみ》花火の催し

2021/10/13

 小さな花火大会があった。コロナ禍を反映して、正確には〝大会〟でなく、〝花火の催し〟である。小規模かつ短時間の開催であり、事前告知も最小限。当日もソーシャルディスタンスを掲げたプラカード要員を配するなど、主催者側の...



《視点》ウォーキングの効能

2021/10/13

 在宅勤務をしていると、驚くほど歩かないことに気付かされる。記者もその一人だ。生活習慣病を予防するには、一日8000歩以上が必要と知り、慌ててウォーキングを始めたが、なかなか歩数が伸びず、難しさを感じている。 ウォ...



《めてみみ》客が欲しいと思う服

2021/10/12

 ビームスジャパンの鈴木竹彦ディレクターに聞いた話が面白かった。商品を問わず、日本の銘品をセレクトして売る業態で、鈴木さんはここでメイド・イン・ジャパンの服のディレクションをしている。 怪獣映画をモチーフに架空の生...



Btn gotop