ファストリ 今夏「エアリズム」素材のマスク販売

2020/05/26 06:29 更新


 ファーストリテイリングはユニクロで今夏、機能性肌着「エアリズム」の素材を使ったマスクを販売する。価格と販売時期は現時点では未定としているが、気温の上昇する夏場に向け、蒸れを防ぎ、通気性、速乾性のあるエアリズム素材を使ったマスクを作ることで消費者のニーズに応える考えだ。また、医療機関向けのガウン、マスク、エアリズムの無償提供に関して追加提供も行う。

【関連記事】ファストリ 防護ガウン20万枚とエアリズムを国内医療機関に寄贈

 市販するマスクの製造はエアリズム製品を生産する中国などの工場で行うようだ。ファストリは3月に取引のある中国の工場の協力を受け、1000万枚のマスクを国内外の医療機関向けに無償提供することを決めている。4月の中間期決算発表の際、柳井正会長兼社長は商品としてのマスク販売に否定的な考えを示していたが、コロナ禍が続く中、世界中の顧客からニーズの多い製品として販売に踏み切ることを決めたようだ。

 これまでに国内医療機関向けには100万枚を超えるマスクと中国の工場で調達した防護具の一種であるアイソレーションガウン20万枚を無償提供しているが、京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長の提言に呼応して、追加支援も実施する。

 ガウン100万枚とエアリズムは、全国の感染症指定医療機関や重症患者を受け入れる大学病院、感染実態把握のための検査拡充を進めるPCRセンターなどに、聞き取ったニーズに基づき6月上旬以降順次、提供する。全国の医療機関、介護施設向けにも高性能立体型マスク100万枚、平型マスク300万枚を提供する。

関連キーワード新型コロナウイルス情報


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop