ルーズソックス 大人が楽しむ 岡本ブロンドール事業部

2021/10/18 11:00 更新


Medium img 8900
ショートブーツ、サンダルと合わせてモードに

 ルーズソックスがSNSを中心に〝バズって〟いる。90年代中旬以降に女子高生の間で流行し、制服に合わせるファッションアイテムとして愛された。当時の仕掛け人である岡本のブロンドール事業部が学生へのアプローチに加え、新たに「大人が楽しめるルーズソックス」を22年春夏から提案する。

【関連記事】靴下求評展 経済産業大臣賞、岡本が連続受賞

 特徴は、大人でも楽しめるファッション性だ。注目はタイダイ柄。欧米では〝スラウチ〟と呼ばれるルーズソックスを家の中で履く人が増え、中でもタイダイ柄が人気という。この流れを受け、同社ではタイダイ柄や色物のルーズソックスがブームになると見ている。夏には涼し気な「サマールーズ」もお薦め。本体価格1000~2700円。

 ボリューミーな柄ソックスとしては日常着に取り入れやすく、アウトドアとも相性がいい。ルーズソックスにトレッキングシューズの組み合わせが、欧米では支持されている。

 岡田八壽子クリエイティブディレクターは、90年代のトレンド傾向から「必ずもう一度はやる」と踏んでいた。そのため、2年前から企画を用意し、定番の白を販売している。「見せて楽しいキャッチーなルーズソックスを広めていきたい」と、ファッション市場を盛り上げる。ゴムを抜いた「ゴム抜きルーズ」や約2メートルの超ロングルーズなど、いわゆる〝世代〟にとっては思い出深いアイテム。岡田さんは「スカートが短くなるとレッグウェアは変わる」とも話す。昨今のミニスカートブームに久しぶりにルーズソックスがマッチしそうだ。

カラフルに進化した新・ルーズソックス

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop