申請時に必須!賃金台帳・給与明細の記載方法とは?(助成金なう)

2020/08/24 06:00 更新


Medium %e5%8a%a9%e6%88%90%e9%87%91%e3%81%aa%e3%81%861

わたしたち株式会社ナビットは、全国の助成金・補助金情報の検索サイト「助成金なう」を運営しております。

このコラムでは、助成金・補助金の疑問や基礎知識をわかりやすく解説していきます!助成金・補助金に興味がある方は、是非ご参考ください!

*助成金なうの過去ブログはこちら

厚生労働省の各種助成金を申請する際は、ほとんどの助成金で賃金台帳の提出が必要です。この賃金台帳は事業所に備え付けていなければいけない書類の一つでもあります。

万が一賃金台帳の存在が無い場合は給与明細書で代用可能な場合がありますが、原則賃金台帳の提出が求められます。

今話題の「雇用調整助成金」や有名どころの「キャリアアップ助成金」の支給申請の際にも賃金台帳または給与明細の提出が必要です。

賃金台帳・給与明細書は、会社によって独自のルール・計算方法で作られたものも存在します。しかしこの独自ルールが、本来の方法からあまりにもかけ離れていたりすると、助成金支給の可否としてはNGになる事もあります。

今回賃金台帳・給与明細書の記載方法について解説します!

1.よくある記載ミス

たとえば以下の社員の基本給を記載するとします。

  • 基本給:200,000円
  • 1ヵ月の要出勤日数:20日
  • 欠勤(有給ではない):3日


この場合、欠勤控除が発生しますので計算方法は以下となります。

  • 200,000円÷20日=10,000円←1日分の賃金
  • 10,000円×3日=30,000円←欠勤控除額
  • 200,000円-30,000円=170,000円←控除後の支給額


これを給与明細書に転記するときに、単に「基本給170,000円」と記載してしまうケースが多いです。

その会社と社員からすれば問題ないかもしれませんが、この給与明細書を審査する労働局側からすれば、「賃金台帳と給与明細書の基本給が違う」となってしまいます。

また、基本給をアップさせることが要件のキャリアアップ助成金の場合、「基本給が減額しているので不支給」となる可能性もあります。


2.正しい記載方法

基本給と欠勤控除額をきちんと明記しておくことが必要です。

  • 基本給:200,000円
  • 欠勤控除:-30,000円
  • 支給額:170,000円

給与計算や記載方法が不安な場合は、社会保険労務士等の専門家にチェックしてもらいましょう。


本日は以上になります。

今後もよくある質問や、わかりにくい助成金・補助金の専門用語について解説していきます。

是非、ご活用下さい!

▽全国の助成金・補助金検索サイト「助成金なう」はこちらから!

▽ご質問・ご相談は「みんなの相談室」まで!


ナビットが運営するサイト「助成金なう」では、官公庁や地方自治体、財団・協会で公示されている全国各地の助成金・補助金を検索できる。また、旬な助成金・補助金のご紹介、助成金・補助金に関する疑問や基礎知識をわかりやすく解説するサービスも行っている。個人事業主や大手企業から、社労士や税理士など、業種・規模を問わず幅広い層が活用している

関連キーワードレポートプラス


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop