ヴァレンティノ サステイナブルプロジェクト始動 環境負荷少ないスニーカー発売

2022/01/27 11:00 更新


Medium valentino
新プロジェクトの一環で発売したスニーカー

 ヴァレンティノは、メゾンの新しいプロジェクトとして「オープン・フォー・ア・チェンジ」を始動した。ブランドの美の伝統を守りながら、サステイナブル(持続可能)な方向へとシフトチェンジする意思表明となるプロジェクト。シーズンやトレンドを超えて、タイムレスなアートクラフトで今日の問題に答えていく。

【関連記事】「ヴァレンティノ」22年プレスプリング 思いのままにミックス

 その初の商品として、「ヴァレンティノガラヴァーニ」の二つのアイコニックなスニーカー「オープン」と「ロックスタッズアンタイトルド」のデザインを一新し、22年春夏コレクションの一部として発売した。

 スニーカーのアッパーなどには、ビスコースとトウモロコシ由来のポリオールから生成されたポリウレタンがレザーの代替素材として使われている。シューレースは100%再生ポリエステル、スタッズはリサイクルナイロン。ケースやパッケージには、再生コットンや持続可能な森林経営から生産された紙が使われている。

 追跡可能なヨーロッパのサプライチェーンとともに、クルエルティフリー(動物を使用した実験なし)であることにもこだわっている。また、製造から使用、廃棄までのライフサイクルにおいて、その製品がどのような影響を与えるかを評価するLCA(ライフサイクルアセスメント)を採用。LCAの評価は、従来の化石燃料を用いて製造された同様の製品より、植物由来の素材を用いて製造された製品の方が、環境負荷が少ないことを示している。こういった考え方がデジタルプリントによるグリーンのロゴに記されている。Vのマークの周りで循環する矢印が特徴だ。

 スニーカーは、税込み8万8000~10万4500円。

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop