#ワークマン女子 錦糸町の新店、盛況 連日整理券1300枚発行

2021/10/19 06:29 更新


Medium %e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3%e5%a5%b3%e5%ad%90%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%88%e9%8c%a6%e7%b3%b8%e7%94%ba%e5%ba%97%e6%ad%a3%e9%9d%a2760
通路を広く取り、キッズを拡充し、女性目線で家族向けの店作りを行ったアルカキット錦糸町店

 ワークマンは作業服・用品を扱わない一般客向け「#ワークマン女子」を10月15日、都内のアルカキット錦糸町に開設した。JR錦糸町駅前の集客力の高い商業施設内で、人口密度が高い地域への出店のため、同社全店の中で売り上げ1位を見込める旗艦店として出店。開店初日は朝5時から来店した人もいて、連日整理券を1300枚発行するなど盛況。開店から3日間は目標を少し上回る売り上げで推移し、好調な出足となった。

(河邑陽子)

【関連記事】#ワークマン女子 アルカキット錦糸町に旗艦店

 新店は、周辺3キロ圏内にファミリー層が多く住む地域にあり、地元客に加えJRと地下鉄沿線の千葉や都内の広域から集客が見込める好立地。平日も家族客の来店が期待でき、学生からシニアまで従来より幅広い年代を対象に設定。日本大学商学部水野研究室でマーケティング理論などを学ぶ学生と協業し、“インスタ映え”する店内撮影スポットも設け、発信拠点かつ売り上げの核となる店舗を目指す。

 新店の売り場面積は330平方メートル。通路の幅は1.5メートル以上と広くし、什器の端にマネキンを置くスペースを設け、コーディネート提案を強化しつつ、買い回りしやすい女性目線の売り場作りを行った。商品は一般向けの女性用、男性用各2割、男女兼用6割とし、キッズ向けは従来の2倍に拡充した。

 初日は女性が8割を占め、土・日曜日は男性や家族客も多く来店。客層は30代から50代中心で、狙い通り20代の若い層も他店より多い。セット購入が目立ち、同業態のSC店より客単価が高く、男性物を自分用に購入する女性客もいて好調な売れ行き。

 売れ筋1位は、かかとが踏めて便利なアウトドア用防寒シューズ(税込み1500円)。火の粉に強い防融加工の洗えるダウンパーカ(4900円)は毎日、予定数量が即完売となる人気で、3日で約100点を販売した。

 女性用では、背中の裏側にアルミプリント付きで暖かいフリースのカーディガンと、耐久撥水(はっすい)加工「ディアマジック・ダイレクト」を採用した晴雨兼用のロングスカート(ともに1900円)が人気だった。

“インスタ映え”する店内撮影スポットを充実させて若い世代の集客も狙う

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop