イオンとセブン&アイHDの21年3~11月連結決算 収益性はコロナ前届かず GMSはいずれも赤字

2022/01/17 06:29 更新会員限定


Medium %e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%81%a8%e3%82%bb%e3%83%96%e3%83%b3

 イオンとセブン&アイ・ホールディングス(HD)の大手流通2社の21年3~11月連結決算は、いずれも増収増益となった。長引くコロナ禍により、収益性はコロナ前の19年度水準を回復したとはいえない。GMS(総合小売業)は厳しい状況が続いた。

増収増益を確保

 イオンはドラッグストアのヘルス&ウエルネス事業が伸び続けるなどして増収を確保した。9~11月でみればヘルス&ウエルネス事業のほか、ディベロッパー事業なども19年度比でもプラスに転じている。

関連キーワード会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop