アンテプリマ「ワイヤーバッグ」のミニサイズがヒット 20代など客層広がる

2022/06/10 11:00 更新


Medium anteprima01760
アクセントになる色からベーシックな色まで豊富

 「アンテプリマ」がブランドアイコンでもある「ワイヤーバッグ」のトート型のミニサイズをきっかけに、若い世代へ広がっている。これまでは40代後半が主要客層だったが、きらきらとしたキャッチーな見た目と使いやすさが受け、大型連休期間は店舗に20代の客が多く訪れた。子から親に薦めて、一緒に持つ事例も出てきている。

 ミニサイズは、21年春夏にデビュー。発売から1年で、累計約5000個(5月末時点)を売り上げている。今年3月以降は、結婚式の再開とともにオケージョン需要もつかみ、「過去最高売り上げを更新している」という。

 ワイヤーバッグといえば、豊富な色展開が特徴の一つ。このミニサイズでも、約30パターンの色柄がある。なかでもシルバーが人気で、「総売り上げ個数の75%ほどはシルバー」という。アクセサリー感覚で身に着けることができ、「Tシャツにジーンズといったカジュアルなコーディネートにも合う」などの声がある。

1番人気のシルバー。シーズンを問わず売れている

 ハンドルを内側に折り曲げてスクエア型にすれば、きちんとした場面にも対応できる。小ぶりなサイズだが、二つ折りの財布とスマートフォンがぴったり入る大きさもあって、使い勝手が良い。付属のチェーンストラップを付ければクロスボディーにもなる。チェーンにフックを引っ掛けて止める仕組みのため、身長や体形、好みの着用感に合わせて長さ調節できる点も好評だ。

 近年、ミニバッグがトレンドに浮上しており、次々と小さなバッグが登場している。このように必要最低限のものが入る大きさもあれば、ワイヤレスイヤホンとリップのみが入るようなマイクロミニサイズもある。そのほとんどがクロスボディーにでき、楽で快適なことが支持されている。

 アンテプリマでもこの間、「ミニバッグを探している」という声が多く、企画を増やしてきた。6月は新作でパンダをモチーフにした同型のミニバッグも出す。「引き続き、新規客獲得に向けたキーアイテムとして提案していく」としている。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop