ビショップ「カーキー」夏物 ビンテージ要素を現代の女性らしく

2022/01/18 06:28 更新


Medium bishop01760
薄手のベストとリメイク風パンツ

 カジュアルメーカー、ビショップ(大阪市)のレディス「カーキー」22年夏物は、ビンテージ古着を現代に置き換えたイメージを打ち出す。

 フラップポケットなどファティーグシャツのディテールを取り入れたフード付きベストは、ノースリーブの上に羽織るイメージで、細番手のやや透けるシャンブレーを使用。両サイドにスリット入り、ウエストは絞ることができる。グレージュと灰色がかったグリーンの2色、本体1万9800円。同素材でギャザーをふんだんに盛り込んだブラウスもある。

 ボトムはリヨセル混で落ち感のあるワイドシルエットのグルカショートパンツ、リメイク風の仕上がりが魅力のパンツやスカートがある。ショートパンツはハードな洗い加工でビンテージ感があり、ウエストはアジャスター付き。1万4500円。

グルカショーツとベスト

 リメイク風のボトムは、ブロークンツイルと綿ツイルとを同系色でランダムに切り替え、ハードな洗い加工をしている。ベージュとカーキがあり、テーパードパンツは1万8800円、ハイウエストのサスペンダースカートが2万2500円。

リメイク風のサスペンダースカート

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop