「コールマン」夏物サンダル 履きやすく価格抑制

2020/06/10 10:58 更新


Medium %e3%83%8b%e3%83%94%e3%82%b4%e3%83%b3

 靴専門店チェーンのジーフットは「コールマン」で20年夏物ストラップサンダルとして、メンズ、レディスの〝ニピゴン〟キッズの〝スワニー〟〝ハーニー〟の3ラインを発売した。「アスビー」「グリーンボックス」など同社の業態共通の商材として、量を構えることで実現した価格と品質のバランスを打ち出している。5月中旬の立ち上がりから順調な販売動向になっているという。

 ソールにスニーカーのようなクッション性の高い素材を採用して歩きやすくするとともに、着脱のしやすさも盛り込んだ。アウトドアのほか、ワンマイルでの使用も想定した。価格は前年までのコールマンサンダルは4900、5900円としていたが、ニピゴンで3900円、スワニー2900円、ハーニー3500円と抑制している。

 これらの機能と価格で、新型コロナウイルスの影響で遠出が避けられる中、売り場で普段使いの需要を捉えているという。

 同社はこの間、レディス「ヒールミー」など業態共通の商品開発を進めており、コールマンのサンダルもその一環。

3900円とした「コールマン・ニピゴン」

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop