第35回イエール国際フェスティバル PV賞にトム・ヴァン・デル・ボルト

2020/10/23 06:25 更新


Medium %e7%ac%ac35%e5%9b%9e%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%90%e3%83%ab pv%e8%b3%9e%e3%81%ab%e3%83%88%e3%83%a0 %e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3 %e3%83%87%e3%83%ab %e3%83%9c%e3%83%ab%e3%83%88

 第35回イエール国際フェスティバルが10月15~18日、南仏イエール市ヴィラ・ノアイユで開かれた。毎年4月に開かれるが、新型コロナウイルスの影響で延期されていた。

【関連記事】仏イエール国際フェスティバル エルメス賞新設

 メインは新人デザイナーを対象にしたコンペティション。35回を記念してジョナサン・アンダーソンが審査委員長を務めたが、渡仏できずリモートで審査が行われた。

 グランプリのプルミエール・ヴィジョン(PV)賞は、ベルギーのトム・ヴァン・デル・ボルト(42歳)のメンズウェアコレクションが、イエール市民賞とダブルで獲得。PVから奨励金2万ユーロ、「シャネル」から傘下のアトリエ、メティエダールとの2万ユーロ相当の協業制作権が与えられた。

 ヴァン・デル・ボルトはクリエイター兼パフォーマンスを得意とするアーティスト。27歳で遺伝性神経障害に苦しみ、人生で本当に大切なことについて考えたという。受賞作はカーニバルの仮装衣装のように突飛で大胆でカラフル。仏メディアに対し、「新しいラグジュアリーの定義を見つけたかった。着る勇気があれば着られる。すべての制約から解き放たれる時代が来た」とコレクションについてコメントした。素材はストック、リサイクル、廃棄物。バッグはすしの産業廃棄物の魚の皮で制作した。

グランプリのPV賞 © Etienne Tordoir
グランプリのPV賞 © Etienne Tordoir

 クロエ賞は仏のマルヴィン・エムトゥモ、シャネルメティエダール19賞は仏のエマ・ブリュスキが受賞した。

クロエ賞 © Etienne Tordoir

(松井孝予通信員)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop