ベビー・キッズのギフトブランド「マールマール」が売れてる理由 コロナ下でも25%伸ばす

2021/10/19 06:30 更新有料会員限定


Medium thumbnail blouse
対象年齢を拡大するために洋服などの商材を増やしている

 ベビー・キッズ服・雑貨の製造・販売ヨム(東京)のギフトブランド「マールマール」が、コロナ下も売り上げを伸ばしている。前々期(20年8月期)は10カ月の変則決算で平均月商1億2000万円だったが、前期(21年8月期)は1億5000万円で前期比25%増となり、通期で約18億円。ECを利用する人が増えたことで新規客が増え、商品単価も上げているため客単価も伸びている。今後はMA(マーケティングオートメーション)ツールを活用するなどでパーソナライズした販促を強化し、リピート率向上を目指す。

(金谷早紀子)

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop