ローランド氏が新ブランド「ミニマス」 失敗生かして再挑戦

2022/05/02 11:00 更新


Medium %e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%82%b9%e7%b4%a0%e6%9d%90%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

 ホスト出身で実業家のROLAND(ローランド)氏は、ミニマス(東京、本間英俊代表)の運営で、アパレルブランド「ミニマス」を立ち上げた。ミニマリストであるローランド氏の考えを反映した、シンプルで上質な服を打ち出す。服の修理・補正の体制を充実させるなど、サービス面でもミニマリズムを提唱する。

(高塩夏彦)

■全ての服に永久保証

 ミニマスは、〝消費するのではなく、身につけ続ける一着〟をコンセプトにしたメンズ・レディスのアパレルブランド。デザインは、メンズを「ジュンハシモト」デザイナーの橋本淳氏、レディスをディーエスエスアール(東京)のクリエイティブチームが担当する。ローランド氏は、ディレクターとしてブランドコンセプトや経営面の指揮をする。シーズンは定めず、不定期に新作を投入する。公式ECで販売しており、今後は期間限定店も計画する。

 トレンドを意識しすぎないシンプルなデザインで、Tシャツ、パーカ、ジャケット、パンツなど、トータルで着られるアイテムを販売する。国産の素材を中心に、スポーツウェアにも使われる生地を採用し、着心地にこだわりつつ、上質感を出している。「テック系、アウトドア系とドレスの中間。オフィスにも着て行けるように考えた」(ローランド氏)とし、ミニマスの服だけで、生活の全てのシーンに対応できるようにすることで、ミニマリズムを表現する。 

 サービスの面でも、ミニマリズムを重視する。内容によって有償となるが、全ての服に〝永久保証〟をつけた。使用に伴う穴あき、破れなどの修理を受け付けて、買い替えの必要をなくしていく。サイズの補正も身幅、着丈など細かく対応する。客から着なくなった自社製品を回収して、クーポンと交換し、リサイクルして販売するサステイナブル(持続可能)な視点のサービスも行う。

 買い替えを減らすというコンセプトは、アパレルブランドとして挑戦的だ。「売り上げや利益を出すより、考え方を伝えたいと思った。ミニマリストになって頭が整理され、生きやすくなった経験を広めたい」とローランド氏は語る。顧客のクローゼットに、ミニマスの服が数着入っているだけの状態になるのが理想だという。

シンプルなデザインでミニマリズムを表現

■業界学び、幅広い層へ

 ローランド氏は、同ブランドを始めたきっかけを、過去の失敗への再挑戦だと話す。「以前もアパレルブランドに挑戦したが、正直に言えば失敗。街で(自分のブランドを)着た人を1人しか見なかった」。失敗の要因は、自分を前に出しすぎてファングッズになってしまったこと、自分が欲しいと思うものばかりで市場を見ていなかったこと、高額すぎたこと、アパレル業界の基礎知識が足りなかったことだと分析する。それでも諦めず、アパレル業界での再起を狙っていたところで、ディーエスエスアールの本間氏と出会い、ブランドを立ち上げる話が動き始めた。

 過去の反省を踏まえて、クリエイションはプロに任せることにした。「インフルエンサーが経営面で力を発揮するDtoC(メーカー直販)は新しい」と考え、ローランド氏自身は、根本からアパレル業界について学び、コンセプトの提示と経営に注力する方針を作った。

 価格も品質にこだわりながら7500~4万2000円と比較的抑えめにし、幅広い客層が買えるようにした。ブランドの目標について、ローランド氏は「今度は10人に2人くらいは着ているのを見る服かな」と胸を張る。

ブランドを立ち上げたローランド氏(左)と本間ミニマス代表(右)

Bnr counter agreement cp
Bnr denshiban cp

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop