ユニクロ21年春夏協業品 「ユニクロU」で初のキッズアイテム

2021/01/19 06:27 更新


Medium 21%e5%b9%b4%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%a6%e3%83%bc %e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%b9%e3%82%99
「ユニクロU」のキッズライン

 ユニクロの21年春夏の協業商品は、綿、麻の天然素材を使ったもの、リラックスしたテイストなどを増やす。

 「ユニクロU」ではキッズラインをスタートする。

【関連記事】ファーストリテイリングと良品計画の9~11月 国内ビジネス回復くっきり

 今季で10シーズン目を迎えるユニクロUは、20年春夏で好評だったエアリズムコットンのウィメンズのTシャツやワンピースを増やす。セットアップ、デニム・オン・デニムの提案もする。キッズラインは今回が初めてとなる。

「ユニクロU」は10シーズン目

 「JWアンダーソン」はブランケットステッチ、スモッキングなど、アートや工芸からインスピレーションを得たディティールが特徴。花の刺繍を入れたアイテムも多い。シャツやドレスには麻や綿など天然素材を多く使った。

「JWアンダーソン」は花の刺繍がアクセント

 「イネス・ド・ラ・フレサンジュ」はフランスの北西部の海辺の町、ドーウィルをイメージして企画した。

 綿、麻など様々な素材でブラウスを出す。セットアップのジャケットとパンツ、UV(紫外線)カット機能のハットなど。

 「ハナタジマ」は新しい生活様式や家での時間を意識し、ゆったりとしたシルエットやリラックスした着心地にした。幾何学模様のシャツ、レーヨンリネンのアイテム、シアサッカーのブラウスやワンピースなどがある。

「ハナタジマ」はリラックス感ある商品

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop