ユニクロ22~23年秋冬協業商品 色柄にバリエーション

2022/07/04 10:59 更新


Medium mame
素材の機能性と肌触りの良さを備えた(ユニクロアンドマメクロゴウチ)

 ユニクロの22~23年秋冬の協業商品は、「ヒートテック」などの機能素材やパッカブルなどの機能性を付与したアイテム、秋冬らしい柄と色の商品を提案する。

【関連記事】ユニクロが「UT」の20年を振り返る 展示や過去の商品を販売

 4シーズン目となる「ユニクロアンドマメクロゴウチ」は、キーカラーのカーキやオリーブの3Dニットのベアトップを販売する。シルク混ヒートテックで肌触りの良いタンクトップ、ウール混ヒートテックのクルーネックトップなどもある。

 「ユニクロU」のユニセックスのオーバーサイズロングコートは、小さく折り畳んで内ポケットに収納できる。タブレット端末も入る大きなポケットを備えたアウターもある。デザイン面で特徴的なのは、レディスのワンピースのコクーンシルエット。同素材のニットカーディガンを合わせてアンサンブルのような重ね着を提案する。

シンプルなアイテムも重ね着で今っぽく(ユニクロU)

 「JWアンダーソン」は、アウターで生地や柄のバリエーションを増やす。マットな生地で、身頃がウェーブキルトのウルトラライトダウンを企画した。メンズではショート丈で濃いグリーンの中わたコート、レディスではチェック柄のフリースなどがある。

ウェーブキルトのウルトラライトダウン(JWアンダーソン)

 「イネス・ド・ラ・フレサンジュ」は、明るめのマスタードイエローやオレンジ、ビビッドピンクなどの鮮やかなカラーアイテム。身頃にオレンジを配したカラーブロックセーターに合わせるのは、格子柄やオンブレチェックのシャツ、ジャケットなどだ。チェックのシャツとストールの柄合わせも提案する。

差し色を利かせたフレンチスタイル(イネス・ド・ラ・フレサンジュ)

 「ハナタジマ」との協業は、この春夏も好調のミドル丈のワンピースを継続し、無地で艶のあるポリエステルを使う。Vネックやハイネック、裾がフレアになったタイプがある。

艶やかな素材のワンピース(ハナタジマ)

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop