ウィファブリックの在庫マッチングサイト「スマセル」 年間成約数3.2倍に

2022/01/18 06:25 更新


 ウィファブリック(大阪市)が運営するアパレル在庫売買のマッチングサイト「スマセル」がユーザー数、成約数を大きく伸ばしている。21年年間の成約数は前年比3.2倍、ユーザー数は3.3倍の14万6988人となった。出品数は5.6倍。

【関連記事】ウィファブリックの在庫マッチングサイト 登録10万人突破

 スマセルが成長している理由については、①コロナ禍でオンライン需要が増加した②環境問題に対する認知が広がってきた――ことをあげる。常時50~80%オフで買え、環境保全にもつながることから個人ユーザーが大幅に増えている。廃棄しなかったことによる累計のCO2(二酸化炭素)削減量は1205トンを超えた。出店企業はリアルなアウトレットモールに店を出す感覚でスマセルに出品する例が増えているという。スマセルでは、商品を購入することで削減されるCO2の量を数値化しており、出店企業、ユーザーともマイページで確認できる。

 ユーザー数はさらに伸ばせると見ており、24年に250万人を目指す。

関連キーワードデジタルEC支援


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop