EC支援ツール「チャネルトーク」が成長 客との対話重視響く

2021/11/12 06:29 更新会員限定


Medium %e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%81%a8%e9%80%a3%e6%90%ba%e3%81%97%ef%bc%a4%ef%bc%ad%e3%81%ab%e8%bf%85%e9%80%9f%e3%81%ab%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e6%a9%9f%e8%83%bd%e3%82%82%e6%90%ad%e8%bc%89
インスタグラムと連携しDMに迅速に対応できる機能も搭載

 実店舗の接客をオンラインでも――韓国発のEC支援ツール「チャネルトーク」(チャネルコーポレーション)が注目されている。18年の正式発表から売り上げは世界で伸びている。約6万6000社が導入し、客との対話を重視した価値提案が響いている。今秋にはシリーズCラウンドで総額28億円の資金調達を実施、シンガポール政府系投資会社のテマセクホールディングスの傘下のパビリオンキャピタルなどが引き受け、累計40億円を調達した。国内外でのさらなる成長に期待がかかる。

(関麻生衣)

データ活用で細やかに

 チャネルトークはEC上の接客チャットで、インスタグラムやLINEアカウントでのやり取りも一元管理できる。チャットでの客の声をマーケティング戦略に生かしてもらうため、無料の社内用チャット機能を備え、顧客管理システムも提供する。

関連キーワード無料会員限定デジタルEC支援


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop