三越伊勢丹HDの社長交代 店舗の強み生かし、デジタル戦略を加速

2021/03/01 06:30 更新有料会員限定


 三越伊勢丹ホールディングスは、杉江俊彦社長が退任し、後任に岩田屋三越社長の細谷敏幸氏が4月1日付で社長に就く。コロナ禍で業績低迷が続く中、新体制で構造改革、店舗とオンラインを融合したデジタル化を加速する。

(松浦治)

【関連記事】三越伊勢丹HD 新社長に細谷敏幸氏

 2月26日のオンライン会見で、杉江氏は17年の社長就任以降の実績として「コスト削減、不採算事業の整理に一定のめどをつけた。デジタルや不動産など次の成長の芽が出てきた」と胸を張った。18年3月の伊勢丹松戸店、19年9月の同相模原店、同府中店、20年3月の新潟三越に続いて、21年2月末に三越恵比寿店を閉鎖した。不採算事業の整理や人件費削減で約100億円の販売・管理費を削減してきた。デジタル戦略は20年度にID顧客が160万人、EC売り上げが300億円に達する見通しだ。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop