三越伊勢丹 ふるさと納税を本格化 高額納税者に的

2021/07/27 06:27 更新会員限定


Medium %e4%b8%89%e8%b6%8a%e4%bc%8a%e5%8b%a2%e4%b8%b9%e3%81%b5%e3%82%8b%e3%81%95%e3%81%a8%e7%b4%8d%e7%a8%8e

 三越伊勢丹は、ふるさと納税事業を本格化する。19年10月にポータルサイトを開設し、現在は119自治体、返礼品数が前年の2倍の5000点に拡大した。専業サイトに比べると規模は小さいが、百貨店の既存顧客へのアプローチが出来ることから、寄付単価が2倍に達しており、リピートする利用者がほとんどだ。

(松浦治)

【関連記事】三越伊勢丹 メディア芸術事業に本格参入 人気コンテンツと協業

 最大の特徴はバイヤーが選ぶ返礼品が多いこと。「地域をよく知るバイヤーが直接調達し、他社にない返礼品を掲載できる」(菅沼武MD統括オンラインクリエーショングループデジタル事業運営部部長)とバイヤーの目利きと地域店、取引先のネットワークを活用する。ポータルサイトにはバイヤーらのコメントを掲載する。さらに、地場産品のブランディング、販路開拓の支援にもつなげる。

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop