【新型コロナウイルス情報】中国進出の日系小売り、アパレル 休業店舗の再開相次ぐ

2020/03/04 06:27 更新会員限定


 日本のファッション小売りの中国での休業店舗数が減り始めた。ユニクロと無印良品は一時、中国国内の店舗の半分が休業していたが、その後営業を再開する店舗が増え、3月に入った時点でユニクロの中国の休業店舗数は全750店のうち90、無印良品は265のうち41にまで減った。ただ、中国全土で1~2月中旬に消費がほぼ停止したため、「売り上げは落ち込んでおり、回復にはまだ時間を要する」との声が上がっている。

【関連記事】【新型コロナウイルス情報≫靴業界、30~40%の納期遅れ 消費減速、計画調整が課題に

2月中旬から再開

 ユニクロは、1月23日に武漢市の公共交通機関が停止し、人の往来ができなくなったため、同市内の17店を休業した。その後の感染拡大に伴い、1月末に130店が休業、2月7日には370店と約半数まで休業が増えた。無印良品も1月30日時点で武漢の10店を含む59店が休業し、2月中旬には133店まで休業が拡大していた。

関連キーワード新型コロナウイルス情報会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop