《今この時 団体トップに聞く》北いわてアパレル産業振興会 森奥信孝代表理事 国内生産の強み再認識を

2020/04/07 06:29 更新会員限定


Medium %e6%a3%ae%e5%a5%a5%e3%81%95%e3%82%932

 新型コロナウイルスの影響がファッション業界にも広がり、小売店頭から物作りの現場まで厳しい状況が続く。この事業環境をどう乗り越えるのか、業界団体のトップに聞いた。縫製業の実態は、北いわてアパレル産業振興会の森奥信孝(岩手モリヤ社長)代表理事に、業界への思いとともに語ってもらった。

■秋冬は予測つかず

 縫製業は現在、過去に経験のない危機的状況にあり、4月末からの受注の見通しがついていない。秋冬物の生産は全く予測できない不安な状態だ。このままでは縫製工場は休業が続き、廃業を選択する工場が増える可能性もある。過去20年で4分の1に減った国内縫製工場がさらに減ることは、メイド・イン・ジャパンが減ることであり、国内で物作りができなくなる恐れがある。

関連キーワード新型コロナウイルス情報無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop