台湾貿易センターが台湾エクセレンス賞を発表 コーヒーかす利用し透湿防水膜

2020/09/17 06:26 更新会員限定


Medium %e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e3%81%8b%e3%81%99
コーヒーかすから抽出したオイルをポリウレタン膜の原料にする(シンテックス)

 台湾貿易センターが、台湾の優れた製品に贈る「台湾エクセレンス賞」の20年度受賞企業を発表した。繊維・テキスタイル関連では、興采実業(シンテックス)が開発した、廃棄されたコーヒーのオイルを原料に使った透湿防水素材「エアーメン」や、豪紳繊維科技(アジアティックファイバー)の導電性繊維を使ったスマートウェア「iQmax」など、サステイナブル(持続可能な)素材や革新技術を駆使したものが選ばれた。

コーヒーオイルを原料に

 シンテックスは、コーヒーかすをポリエステルに練り込んだ機能性繊維「エスカフェ」で知られ、日本を含む海外の有力アウトドアブランドなどに採用されている。このほど新たに開発したのは、コーヒーを原料にした透湿防水用の膜(メンブレン)だ。

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop