ベトナム衣料生産停滞 「工場隔離」で稼働率が低下 日系メーカー、資材供給に奮闘

2021/09/27 06:30 更新有料会員限定


Medium %e3%83%86%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%99%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%a0
街の各所で検問(テンタック提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大でロックダウン(都市封鎖)が長期化するベトナムで、アパレル生産が深刻な影響を受けている。大手SPA(製造小売業)などで今秋冬商品の入荷に遅延が発生し、22年春夏の生産も見通せないため、中国など他の国・地域に縫製を移管する動きもある。ベトナムや中国の縫製地としての役割がどう変化するのかが注目される。

【関連記事】ベトナムでアパレル生産停滞 「8割の工場が操業停止」

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード新型コロナウイルス情報電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop