ブルネロ・クチネリ ピッティのデジタル版に登場 21年秋冬も披露

2021/01/15 11:00 更新


Medium %e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%8d%e3%83%ad %e3%82%af%e3%83%81%e3%83%8d%e3%83%aa %e3%83%94%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3%e3%81%ae%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%e7%89%88%e3%81%ab%e7%99%bb%e5%a0%b4

 「ブルネロ・クチネリ」はこのほど、ピッティ・イマージネ・ウォモのデジタル版ピッティ・コネクトのオープニングイベントに参加し、その後21年秋冬メンズコレクションを発表した。オープニングイベントはイタリア・ソロメオ村からの中継で、クチネリ氏とピッティ・イマージネのラファエロ・ナポレオーネCEO(最高経営責任者)らとの対談が行われた。

【関連記事】第99回ピッティ・ウオモ オンラインフェアを来月開催

 ブルネロ・クチネリの21年秋冬コレクションは「昨日と明日との統合」がテーマ。時を経て豊かさを増す魅力から着想を得た。クラシックなスタイルと流行を超越したものに対する研究から、コンテンポラリーな視点によりアップデートされた。「一貫性のある本質的なスタイル、柔らかなシルエット、洗練されたディテールがエレガンスを日常の躍動性へと変化させる」という。

 特徴となる色はベージュやグレーのグラデーション、ブルーなどのニュートラルカラー。またニュートラルカラーと並んで、ブルーベリーや紫、ボルドーやレッド、セージとミントのグリーンなどの色使いがポイントとなる。色合いを巧みにトーンダウンし、控えめで調和のとれた効果を出す。

 アイテムは、包み込まれるようなコンフォートさと柔らかな感覚でまとめられる。ジャケットは、洗練されたファブリックと仕立てでコーディネートにノーブルなタッチを加える。クラシックなオーバーコートとバリエーション豊富なダウンジャケットが軽やかな冬の装いを作る。ソフトなボリュームの新しいパンツは、実用性とスポーティーなディテールでコンテンポラリーなスタイルを描く。

 代表的な素材はコンフォートで柔らく軽量なもの。しなやかなレザーと柔らかなムートン、ニットなどもキーとなる。またシューズでは、フォーマルなシューズとともにスニーカーを幅広く提案している。



Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop