青山商事 抗菌スーツ加工技術を活用した布マスク販売

2020/05/27 06:28 更新


Medium %e9%9d%92%e5%b1%b1%e5%95%86%e4%ba%8b %e6%8a%97%e8%8f%8c%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%af %e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab%e7%9d%80%e7%94%a8 %e7%b8%ae%e5%b0%8f

 青山商事は、ハイブリッド触媒「ティオティオプレミアム加工」を施した布マスクを作製し、5月27日から抽選販売第1弾を開始する。5月27~31日に「洋服の青山オンラインストア」で受け付けを行い、当選者に6月5日から順次販売していく。抽選販売は全4回実施する予定。今回の第1弾では1万枚のマスク(白色)を用意する。

【関連記事】無印良品もマスク販売 6月には夏素材も

 今回発売するマスクの生地に施したハイブリッド触媒、ティオティオプレミアム加工は、鉄イオン触媒の強力な酸化力を利用し、繊維上の各種細菌の増殖を抑制するとともに特定のウイルスの数を減少させる。この鉄イオンに相性の良い希元素を配合することで、長期間にわたり高い抗菌・抗ウイルス効果を発揮する。常温での溶出や蒸発がないので、繰り返し洗っても効果は持続する。伸縮性のあるニット生地を使用し、立体縫製で仕上げた。590円。

 同加工は消臭、防汚、帯電防止などの多様な機能を備えており、現在、同社で扱うスーツやシャツ、ネクタイ、肌着などの様々なビジネスウェアに採用している。

抽選販売する抗ウイルス加工の布マスク

関連キーワード新型コロナウイルス情報


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop