ケリング 100%ファーフリー宣言 「世界は変化しており、我々もそれに適応させていく必要がある」

2021/09/24 19:00 更新


Medium gucci aw20hv 146

 ケリングは、22年フォールコレクション以降、グループのすべてのブランドで動物の毛皮を使用しないことを決めた。

  フランソワ=アンリ・ピノー会長兼CEO(最高経営責任者)は、「ケリングは長年にわたり、最高レベルの環境・社会的価値や基準と切り離すことのできないラグジュアリーのビジョンに基づき、サステイナビリティーの分野で主導的な役割を果たすことを目指してきました。動物福祉に関しても、自社のサプライチェーンおよびラグジュアリー業界全体の慣行を改善する意欲を常に示してきました。世界はお客様とともに変化しており、ラグジュアリーも当然それに適応させていく必要があります」とコメントした。

 17年のグッチを皮切りに、バレンシアガ、ボッテガ・ヴェネタ、アレキサンダー・マックイーン、ブリオーニ、サンローランなど、グループのすべてのメゾンが順次このステップを踏むことを決定している。19年には、他の動物の繊維や素材に関して、今後も適用される動物福祉スタンダードを正式に策定し、発表している。

グッチは17年にファーフリーを宣言した。写真は20~21年秋冬コレクション

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop