上海、消費が回復 コロナ後の手探り続く小売り

2020/05/29 15:00 更新有料会員限定


Medium %e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ab%e4%b8%a6%e3%81%b6%e4%ba%ba%e3%81%9f%e3%81%a1

 【上海支局】日本より一足早く新型コロナウイルス感染が収まりつつある中国では、消費も回復してきている。今年の春節(中華圏の旧正月)は1月25日だった。上海市内の百貨店は春節直前まで堅調に推移していたが、1月23日に武漢封鎖が発表されると一気に消費が冷え込んだ。2月は軒並み前年同月比80%減前後まで落ち込んだ。3月以降は徐々に回復し4月には20%減、5月に入り前年の実績近くまで戻している店舗が多い。近年、中国ではネット販売が存在感を増している。自宅待機によってそれが加速し、中国国家統計局の4月社会消費品小売総額調査によれば1~4月にネット販売された実物商品販売額は社会消費品小売総額の24.1%を占めた。コロナ後の小売店は、今まで以上にネットの活用が不可欠になっている。

【関連記事】上海で展示会が徐々に再開 来場数は主催者の予想以上

ライブコマース強化

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード新型コロナウイルス情報電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop