《第9回ファッションECサミット》アパレルOMO最前線 自社の強みを最大化

2021/12/02 06:29 更新会員限定


Medium %ef%bc%a5%ef%bc%a3%e3%82%b5%e3%83%9f%e3%83%83%e3%83%88

 繊研新聞社は11月、第9回「ファッションECサミット」をオンラインで開催した。アパレル業界のデジタルや店舗運営の担当者を中心に300人が視聴した。パネルディスカッションや注目サービスのセミナーの要旨を紹介する。

 基調講演の一つ目は、「アパレルOMO(オンラインとオフラインの融合)最前線」をテーマに3社の担当者が登壇した。まず、「OMOを実現するにあたっての自社の課題はなにか」についてそれぞれの視点から語られた。

【関連記事】《第9回ファッションECサミット》どう育てる?DX時代のEC人材 販売スキル、生かしながら

体験価値を伝える

 レリアンの大角氏は、富裕層の多い顧客基盤と、顧客の心を離さない店舗スタッフという二つの強みを、「いかに生かすのか。生かせないのであれば障壁が何なのかを再認識すること」とした。ECでも店舗と同様の接客力をつけ、店舗ではデジタル化や情報への慣れが求められたと話した。

関連キーワード無料会員限定デジタルファッションECサミットネット特集


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

Btn gotop