東海染工 「かぐや姫」モチーフの竹製照明器具を開発

2020/04/06 06:27 更新


Medium %e3%81%8b%e3%81%8f%e3%82%99%e3%82%84%e5%a7%ab

 繊維雑品の染色加工を主力とする東海染工(静岡県富士市、普代昌文社長)は、新規事業として取り組む竹の染色加工で、「かぐや姫」をモチーフにした竹製の照明器具を開発した。今後、地元と連携して具体的な販売戦略を練る。

【関連記事】富士市の東海染工 「かぐや姫の里」が新規事業

 かぐや姫が竹から生まれ、竹採りの翁(おきな)らと暮らしたと伝わる富士市は、豊かな竹林が広がる。同社は「かぐや姫の里」として地元を盛り上げるために、普代研三会長を中心に竹の染色に挑んできた。

 油分の多い竹を、あえて油抜きせずそのまま染色し、竹本来の自然な艶を残す技術を確立。竹灯篭や一輪挿しなどに加工していたが、「より多くの人にかぐや姫の里である富士市を知ってほしい」(普代会長)と、新製品の開発に取り組んだ。

 適当な長さに切り、くり抜いた竹の全体を黄色で染めた後、竹の上と下を緑色にグラデーションを付けながら染める。くり抜いた部分にかぐや姫の人形を座らせ、天井にライトを取り付けた。かぐや姫の髪や衣装は、紙バンド作家に製作を依頼した。

 紙バンドとは、1本ずつ糸のように撚った紙を帯状にくっつけたもの。もともと、米袋に使われていたが、その後、手芸用にも広がった。製糸業の盛んな富士市の特産品だ。

 原料の竹をはじめ、細工や染色、かぐや姫の衣装など、ほぼ地元でまかなえる。「地域の名産品を扱う店などで扱ってもらえれば」と、かぐや姫の里の活性化につなげたい考えだ。

材料も加工もほぼ地元でまかなえる

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop